着物の素材の材料は何でできている?

着物の素材の材料は何でできている?

最近は一昔前よりも着物を着る人が増えたと思います。観光地や普段の町中でも華やかな着物を着ている女性が目を引きますよね。けれど着物のメンテナンスや保管には洋服よりかなりお金がかかります。それは生地の素材のせいだったのです。

洋服の素材

たまに、お出かけ着やドレス、ワンピースなどクリーニングでしか対応できない洋服がありますが、それ以外の普段着の洋服は、洗濯機で洗って天日で干して、畳んでクローゼットやタンスにしまう、というのがほとんどの日本人の生活ではないでしょうか。少なくとも家と私が知っている家庭はそうです。クリーニングでしか対応できない洋服と、家で洗濯できる洋服、何が違うのでしょうか。

最近国際基準に従って、日本の洗濯表示も変更されましたが、洋服の選択表示って確認していますか?私は購入する時に洋服屋の店員さんに言われなければ、自分からは見ないですし、気にしていません。悪い例ですね。本来だったら、洋服も洗濯機で洗濯する前に洗濯表示を確認する必要があります。ドライマークはクリーニング、漂白処理ができるかどうか、タンブル乾燥か自然乾燥か、など、改めて調べないと違いが難しいものもあります。 絶対に家庭で洗わない方がいい洋服の素材は、ウォッシュ加工していないシルク、レーヨン、アセテート、トリアセテートなどなど、意外と色々あります。これらは水で洗うことで縮んでしまうからです。ここでぜひ、着物のことを思い出してください。

着物の素材

洋服の素材の中で、家庭で洗わない方がいいものの中に「ウォッシュ加工していないシルク」、とあります。基本的に生地はどの生地でも水を付けると多かれ少なかれ縮みます。裁縫をしている方は、綿でも生地を買ってきてから水通ししてから製作に入ることでもご存じだと思います。しかし、シルクやレーヨンなどの水に対する縮みは綿などの比ではないのです。ウォッシュ加工していないシルク、というのは、水通し加工していない縮みやすいシルクのことです。フォーマルな着物はほぼ正絹(つまり絹/シルク)で作られています。つまり、着物も基本的にウォッシュ加工していないシルクの分類に入ると考えていればよいでしょう。そのため、水で洗うのではなく、クリーニング店で使用するシルクに対して縮みが少ない有機系溶剤で洗うことを勧められるのです。

正絹以外の着物の素材

最近は化学繊維であるポリエステル(略して「ポリ」とも呼ばれます)で出来ている着物もあります。これは水で洗っても縮みがなく、家庭の洗濯機で洗うことができます。また、昔からある綿で出来た着物や夏は綿で出来た浴衣など、家庭で洗うことができる素材もあります。他にもつけ置き洗いでしたら麻の着物も家庭で洗濯できるでしょう。

最後に

着物を着たいけど、汚れが気になって着ることを考えてしまう、という人はたくさんいると思います。私もそうです。

けれど、ポリエステルや綿などの洗える着物と、正絹の着物、上手く着る場面を使い分けて、たくさん着物を着ることができるといいですよね。

ページのトップへ戻る