着物は高いイメージ?

着物は高いイメージ?

着物は高いイメージがありませんか?

私も色々見たり買ってしまいますが、決して安いものではないと思います。

プレタの洗える着物や浴衣だと安いものは数千円からありますが、着物を新しく仕立てると、数万円から数百万円が一般的な値段でしょうか。また、それなりの正式な場所に着ていける着物というと、やはり数十万円以上するものになってしまいます。

職人さんが織りや染め、刺繍などを行っている工程を見学すると、細かい地道な作業で、「すごいなぁ、時間も手間暇も掛かっているんだなぁ」と思います。織りや染めのそれぞれの工程で着物一枚分の反物を作るために数か月掛かる技法も珍しくありません。また、反物自体の素材や色を付けるための染料など、こだわって昔古来の天然素材を使用している場合はさらに材料費がかかり高コストになりますよね。

着物の原価はどれくらい?

問屋や小売店、直売などの売り方にもよりますが、一般的なデパートや着物呉服店で売られている着物は原価の数倍~数十倍だと思っていいでしょう。もちろん例外はありますが、100万円で売られている着物は問屋さんや仲卸業者さんから十万~数十万で小売店が買っていうというイメージでしょうか。もちろん、小売店の流通ルートや生産量、イベントや時期、卸業者の売り方や小売店の買い方などによって、一概にいくらで降ろしている、といい切るのは難しいです。

着物の打倒な値段は?

私が原価について疑問に思ったのは、ある小売店の呉服屋さんで作家さんの展示会に呼ばれたときのことがきっかけです。その作家さんは有名な方で興味があったので伺いました。

有名な作家さんの着物ですので、芸術品です。気軽に買える値段ではないことは承知していました。試しに簡単に反物を試着してみてくださいと言われ、あれよあれよと言ううちに、一式身に着けられました。その後お店の方たち、作家さんなどの職人さんたち、卸業者の方たち10名ほどに囲まれて椅子を持ってこられ、褒められたり持ち上げられた後、セールスが始まりました。いわゆる囲いこみセールスです。

提示値は私にはありえないほどに高い金額でした。けれど、うーん、とか高いなぁ、とか煮え切らない返事をしていると「じゃあ大負けに負けて!」と下がっていきます。結局最初の提示値の半分ほどになりました。

「あれ?」と思いませんか。

半額になるなら最初から半額を提示してくれればいいのに。それもこちらの様子を伺いながら下げ幅を調整して提示しているようにも見えました。

結局、前途したように、着物の値段は小売店や販売員さん、イベントの目玉かどうかなどによって、変動するようです。私が学んだのは、自分にとって本当に価値のあるものであれば、値段は有って無いようなもの、ということでした。

着物を購入するときはその場の雰囲気に流されず、自分の気持ちと財政を十分に考えて、無理のないように購入しましょう。

ページのトップへ戻る