着物の柄の御所車(ごしょぐるま)の意味や季節

着物の柄の御所車(ごしょぐるま)の意味や季節

お目出度い場所に着ていくフォーマルな着物には、よく御所車が書いてあることがあります。よくお目にかかるのは、結婚式の色打掛や、成人式などに着る振袖、既婚者の礼装である留袖やその帯、赤ちゃんのお宮参りの初着など、改めて見ると意外と御所車が描かれているものが多いです。

御所車とは

御所車というのはデジタル大辞泉によると

  1. 牛車(ぎっしゃ)の俗称。応仁の乱以後、禁中の大儀などにだけ用いられるようになったところからいう。源氏車。
  2. 紋所の名。牛車の車輪を図案化したもの。

とあります。

簡単にいうと、平安時代に京都御所周辺で乗られていた貴族が乗っていた、「牛が引く車」のことです。雛祭りで人形が乗るくらい小さな御所車が飾られることもありますね。着物に描いてある御所車は、多くは金や銀に彩られている車輪を備えていて、荷台に幕が降ろされている小屋のような箱が乗っており、華やかな装飾で飾ってあるものです。同じ御所車でも、荷台のところに花が溢れるほどに飾られて描かれているのは花車と言います。

御所車の意味は

御所車の柄は古典模様(昔からの伝統ある模様)、吉祥文様(縁起の良い模様)に分類され、代表的な祝意と気品がある雅な文様とされています。見た目もとても華やかで、貴族をイメージさせるような富と優雅さが醸し出されます。着る季節は特に決まっておらず、どの季節でも着ることができます。

着物に描かれている花は、その花の季節に着ることが通常ですが、花車の花は色とりどり、様々な季節の花が描かれており、どの季節でも着ることができます。この花車の花は、幸福の象徴とされていて、着ている人が幸福にあふれるように、という願いが込められています。

御所車には、花車だけでなく、車輪の部分だけ描かれる源氏車文様(車輪文様)や、半分が水に浸かっている片輪文様など、色々な文様が派生しています。

最後に

最近は減ってきたと言われる御所車の文様ですが、私は個人的には華やかで優雅で、でもお花だけだと若すぎるような、甘すぎるようなところを直線で描かれている黒い漆のような御所車の色などがピリッと引き締めてくれる、大人の女性が似合うような文様だと思っています。私は色打掛を赤地の着物に鶴や扇、御所車やお花がたくさん描かれた華やかで優美な着物を選びました。結婚式ではとても好評でしたよ。

機会があれば、ぜひお目出度い席で御所車文様の着物にチャレンジしてくださいね。

ページのトップへ戻る